お知らせ
■平成29年度日本語習得サポート事業費補助金について(富山県)

 富山県では、仕事・生活の両面から技能実習の充実を図るため、受入機関が行う日本語習得のための日本語研修に対して助成し、受入機関の技能実習生に対する日本語教育の支援を促進します。

 

 

〇事業内容

(1)補助対象事業
・受入機関が単独で又は共同して、自ら又は他のものに委託して行う日本語研修事業(県内で活動する技能実習生が参加するものに限る。)
・日本語研修機関等が実施する日本語研修に県内で活動する技能実習生を参加させる事業

(2)補助対象事業者
県内に事務所を有する外国人技能実習を実施する受入機関

(3)補助要件
・受入機関が受入れている県内の技能実習生の10分の3以上の出席があること。ただし、受入人数が100人以上の受入機関については30人以上の出席をもって認めることとする。
・原則、月1回以上開催され、全課程の研修時間が20時間以上確保したうえで、実施すること。 
・技能実習生の語学レベルに合わせた課程が提供されていること。
・実習生の受入れの要件を満たすための研修ではないこと。

(4)補助内容等
補助対象期間:単年度
補助限度額:300千円
補助対象経費:会場費、講師謝金、講師旅費、委託料、受講料、テキスト代、交通費、通信料、印刷費、消耗品等
補助率:補助対象経費の1/2以内
採択件数:1~4件

 

 

〇応募方法期間等

(1)募集期間
随時、募集を受け付けます。
※予算の関係上、全ての要望に補助できるとは、限りません。

(2)提出書類
・様式1号 補助金交付申請書
・様式2号 事業計画書
・様式3号 補助事業者概要書
・様式4号 受託事業者概要書(委託して補助事業を行う場合に限る)
・様式5号 収支予算書
・見積書の写しその他補助対象経費の積算の根拠となる資料
・研修を行う講師の経歴が確認できる資料
・その他参考となる書類

※提出書類の様式は下記URLをご覧ください。

(3)提出先
富山県商工労働部商業まちづくり課企画振興係

(TEL:076-444-3251)


■関連URL:平成29年度日本語習得サポート事業費補助金について(富山県ホームページ)

[▲このページのトップへ
(C) 2000-2010 Toyama Federation of Small Business Associations. All rights reserved.